• 社会人になり仕事に追い立てられるようになると、なかなか自分の内面と向かい合うという時間が作りづらくなります。
    しかし、それはストレスケアにおいて黄色信号です。
    何故なら、ストレスというのは自分の気が付かないうちに精神を侵食してしまいます。
    そのため、休日に自分の心と向き合い、リラックスができるような趣味を持つことが大切だと言われているのです。

    笹部祐佳里は料理研究家を行なっている傍、趣味で陶芸を行なっています。
    元々は自分の料理に合うお皿を作るために始めた陶芸ですが、時間が経つにつれて、その奥深い魅力に気がつくようになります。
    陶芸の魅力は心を落ち着かせて作品を作らなければ、その乱れた心が手に伝わり土に伝わり作品全体の仕上がりに影響するというものがあります。
    そのため、自分の内面を見つめ、精神の揺れがどこから来るのかを知ることが重要になるのです。

    仕事での人間関係やスケジュール調整、さらにはプライベートなどで忙しい生活を送っていた笹部祐佳里ですが、陶芸を初めてからは物事の優先順位が付けられるようになり、公私ともに順調な生活を送っています。
    これは自分の時間をしっかりと作ることが出来たからです。
    忙しい時こそ、自分の趣味を大切にするようにしましょう。