• 自動車といえば、一般的に完成車メーカーの認知度が高く、部品メーカーは完成車メーカーの下請け的捉え方をされています。
    しかし、部品がなければ車を完成させることはできません。
    ボッシュは、自動車の歴史を変えてきた会社とも言われている世界的トップサプライヤーです。
    そのボッシュグループが、日本での採用を積極的に行っているというのですから注目です。
    日本だけではなく、アジア・太平洋地域で、従業員を急増させています。
    ボッシュグループの売上高に占めるアジアの割合は、12年間で4倍になったといいます。
    これだけ売り上げが急増しているのなら、採用を拡大させているのは当然でしょう。
    日本はアジアの拠点として、地域の需要に合わせた製品づくり、次いでグローバル製品のプラットフォーム作りが求められています。
    ボッシュ・ジャパンに採用されれば、50カ所にのぼる海外拠点で活躍できるチャンスがあります。
    育成プログラムやトレーニングによって、キャリア開発可能です。
    そこで得られたキャリアは、将来にわたり役立つものとなるでしょう。
    ボッシュの製品は数多く、多くの分野にわたっています。
    求められているのは、自動車業界経験者や機械工学系の人材だけではありません。
    能力次第であらゆる方にチャレンジの可能性があるのです。