• どんなに優れたアイデアや、手法を考え出してもそれを特許として取ることは難しいものです。
    なぜなら、特許申請をする方法が分からない事が多いうえに、そのアイデアが実はすでに申請済みのと言う可能性があるからです。
    だいたいの方はその手間を考えて面倒になりそのうちに、大したアイデアではないと自分なりに判断して納得してしまうのです。
    それは大変にもったいない事ですし、個人のみならず社会的に大きな貢献をするものかもしれません。
    そんな知的財産を無駄にしない方法があります。
    至誠国際特許事務所に相談しましょう。
    こちらの事務所の強みは、特許出願のみならず意匠や商標、実用新案など知的財産に関することをカバーしてくれます。
    さらに言えば防御に関しても特許侵害やライセンス問題、紛争の解決に対しても頼りになります。
    一般的な弁理士は知的財産に関しては分からない相手を相手にしているので、自分の意見と経験をもとに進めてきます。
    一概に悪いとは言いませんが、対等な関係が作りにくいのが事実です。
    しかし、至誠国際特許事務所はあなたとの話し合いを大事にして、心から納得できる業務を提供してくれます。
    特許申請で悩むことがあればこちらに相談するとよいでしょう。