• 交通事故の後遺障害認定の等級が症状にあっていないと感じ、弁護士に相談したいと考えておられる方はこちらがおすすめです。
    弁護士というのは、得意とする分野があります。
    後遺症サポートドットコムでは、交通事故に詳しい弁護士が在籍しており、後遺障害認定の変更や示談交渉に関する知識があり経験も豊富です。
    ですから後遺障害認定の変更や示談交渉がうまくいかなかった方も、こちらを利用すれば希望する等級への変更や、賠償金の増額が期待できるかもしれません。

    後遺障害認定は年間10万件以上もの申請が行われています。
    そのすべては人間の手によって行われているため、誤った判断がされるケースが必ずでてくるのです。
    そのため異議申立の制度があり、年間600〜700件の等級が変更されています。
    しかし、異議申立をした人の全てが等級変更できているわけではありません。
    それは異議申立が書面上だけの訴えとなり、最初の認定を覆すだけの情報を提示することが難しいからです。

    後遺障害サポートドットコムでは、異議申立の申請における多くのケースで等級を変更することができています。
    また等級が変更になっても賠償金が少ない場合、示談交渉での賠償金を増額させ、希望する金額を得られるようサポートしてくれるでしょう。
    まずはサイト内で無料診断を行って、認定の等級が適正か判断してもらいましょう。