• あなたがお手持ちの不動産を売却して実際に購入した時よりも高く売れた場合は特別控除が受けられます。
    なんと3000万円までの利益なら税金がかかりません。詳しく知りたい方はこのサイトを参考にしましょう。
    居住用財産を譲渡した場合の3000万円特別控除の特例について詳しく知ることができます。

    こちらのサイトを読むとどんなケースだと3000万円の特別控除を受けられるのかが良く理解できるでしょう。
    ちなみに特別控除が適用されるのは以下の5つの条件です。
    1、売った家や土地が一定の条件を満たしている
    2、売る相手側が奥さんや直系血族出ないこと
    3、売る予定の自宅について交換、買換え、特別控除など、他の課税の特例を受けてないこと
    4、自宅を売る年に住宅ローン控除や認定長期優良住宅の特別控除を受けていないこと
    5、自宅を売った年の前年または一昨年分において、居住用財産の課税の特例の適用をうけていないこと。

    この特別控除が適用される時の注意点についても触れているので、条件を満たしている方にとってプラスな情報ばかりです。
    3000万円特別控除の計算方法、譲渡所得計算明細書、住民票の写し(売却した日から2ヶ月を経過した日後に売却した家の所在地の市区町村から交付を受けたもの)など、確定申告書で必要とされる書類についても説明がされています。このサイトで得た知識を活用すればスムーズに特別控除の手続きを取ることができるのではないでしょうか。
    あなたがお手持ちの不動産を売却する際に利益が見込める場合はこの特例が適用されることが多いのでぜひ頭に入れておいてください。